曇りの日こそ紫外線に要注意!?時間帯・天気によっても油断大敵!

曇りの日こそ紫外線に要注意!?時間帯・天気によっても油断大敵!

曇りの日こそ紫外線に要注意!?時間帯・天気によっても油断大敵!

シミやそばかすの原因となる紫外線は美容の大敵。夏も近づき、紫外線が気になる季節になってきましたね。そんな中、天気が良く太陽が照りつけている時ほど注意深く日焼け対策をする方も多いのではないでしょうか?時間帯や天気によってたしかに紫外線の量は変わりますが、太陽が見えないような天気でも油断は禁物です。この記事では、時間帯や季節による紫外線の量を見ながら、おすすめの紫外線対策グッズや日焼け後のケア方法を紹介していきます。

曇りや雨の日にも紫外線対策は必要?

太陽がギラギラと照りつける日には、みなさんしっかりとUVケアをしますよね。しかし、厚い雲に覆われて日差しを感じない日には日焼けしないんじゃないか?とケアを怠ってしまう…なんてことはありませんか?

気象庁のホームページによると、紫外線量は「快晴時と比べて、うす曇りの場合は約8090%、曇りの場合は約60%、雨の場合は約30%の量になります。」とあります。しかし…「雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため、快晴の時よりも多い紫外線が観測されることがあります。」とも書かれています。つまり、晴れている日よりも曇りの日の方が注意してUVケアをする必要があるんです。

日焼けに関わる紫外線の種類

紫外線の中にも、紫外線A波(UV-A)、紫外線B波(UV-B)などの種類があります。肌がヒリヒリ赤くなり、シミやそばかす・皮膚癌の原因にもなってしまうのが紫外線B波。これは直射日光に当たらなければ、ある程度防ぐことができます。しかし、直射日光に当たらなくても、じんわり肌の奥で肌老化を進めるのが紫外線AA波は曇もガラスも通過するので、曇りの日も雨の日も、また屋内にいても浴びる危険性が強いんです。しかも、肌に届いたA波は表皮を通過して真皮に届いて影響を及ぼします。コラーゲンが破壊され、美容の大敵であるシミやしわ、たるみの原因になってしまいます。

紫外線=太陽光ではない!

紫外線=太陽光と思われている方が多いですが、紫外線は目には見えません。上記のように太陽が出ていない時間帯や天気であっても、ケアを怠ると紫外線A波によって肌細胞は深く傷つき、気付かないうちに肌の奥で悪影響を及ぼしていきます。しかも、紫外線B波は58月がピークで冬にはガクッと減るのに対して、A波は48月がピークで、それ以外でもピーク時の1/2以上の量があるため、年間を通してケアを意識することが重要です。
 

紫外線量は時間帯によっても異なる

気象庁のデータによると、 1日の中では、10時頃から14時頃までが最も強いとされているので、お昼頃に外出する場合は特に意識して対策をする必要があります。また、日本では南へいくほど紫外線は強くなりますので、充分な対策を心がけましょう。
 

紫外線や日焼けへの対策にはどんな方法やグッズが便利?アンケート結果のご紹介

「ロイヤリティ マーケティング」が実施した「日差しや紫外線対策の実施状況についてのアンケート」(※1)によると、以下のように対策をしている方が多いことがわかりました。

【1位】日焼け止めクリーム
【2位】こまめな水分補給
【3位】帽子
【4位】日傘
【5位】サングラス

直接肌に塗る日焼け止めクリームの使用が一番多く、また強い日差しや熱中症対策としてこまめな水分補給、真夏の外出時には必需品とも言える日傘や、帽子・サングラスなどの直接身につけるものがランクイン。

▼きらめきブリリアントのおすすめ携帯用ボトルはこちら

こまめな水分補給にぴったりな、持ち運びしやすいミニミニサイズのボトルです。ポケットにも入るので、コンビニやスーパーなどちょっとそこまで出かけるなんて時にも使えます。容量は120mlと150mlの2サイズ展開。

紫外線は目にも悪影響が

実は皮膚だけでなく、紫外線は目にも悪影響を及ぼします。目に当たった紫外線は主に角膜(黒目)で吸収されますが、吸収しきれなかった紫外線は、水晶体や網膜など目の奥まで到達し、充血の原因となったり、目の健康に影響を及ぼすことがあります。

サングラスやメガネは単独で使っても有効ですが、側面の隙間から紫外線が入り込むことは防げません。なるべくツルが太いもの、レンズの大きいもの、ゴーグルに近い顔にフィットした形のものを選び、帽子も併用するのが望ましいでしょう。なお、日傘は暑さ対策にはなりますが、目に浴びる紫外線をカットする効果としては期待できませんので注意しましょう。

▼きらめきブリリアントのおすすめ帽子はこちら


 

▼きらめきブリリアントのおすすめアイウェアポータブルケースはこちら


 

紫外線を浴びてしまった後のケア

美容のためとはいえ、毎日日焼け止めを塗るのが面倒でちょっとしたお出かけなら大丈夫だろうと対策を怠ってしまうこともありますよね。日焼けを放置しておくと、肌に炎症が起こったり、シミやしわ・くすみの原因となってしまいます。なので、日焼けをした際にはアフターケアが重要です。


日焼けをしたらすぐにアフターケア

日焼けに対しては、できるだけ早くアフターケアに取りかかることが大切です。日焼けは「軽いやけど」なので、やけどした場合と同様に冷やすことで症状を軽くすることができます。

また、紫外線を浴びてから72時間(3日)経つと、メラニン色素をつくる色素細胞(メラノサイト)が活性化するという問題もあります。将来的な肌トラブルの原因を減らすためには、このメラニンの生成をできるだけ抑える対策も重要になります。

アフターケアの方法

●まずは肌をしっかり冷やす

濡れタオルに氷や保冷剤をくるみ、日焼けした部分に当てて冷やすのがおすすめです。

●肌が冷えたらしっかりと保湿する

日焼け後の肌はバリア機能が低下しているため、表面の水分を補ったり、外部からの刺激から肌を守ったりするために保湿をする必要があります。

日焼け直後の肌は敏感になっているので、保湿の際も注意が必要です。化粧水をつけるときは強くパッティングせず、やさしくプレスするようにしましょう。また肌に炎症が起こっているときは、日頃のスキンケア商品の使用は中止し、肌の状態が改善したあとに乾燥肌や敏感肌にも使いやすい低刺激性のものを選んで保湿しましょう。

●水分やビタミン補給も大切

日焼けしたあとの身体は、水分が失われています。積極的に水を飲み、身体の内側から水分補給してあげることも欠かせません。
さらに日焼け後は、肌の修復のために必要な栄養素も普段より多く消費されます。特に、以下の成分を意識して補給すると良いでしょう。

・ビタミンC:シミの原因となるメラニン色素の定着を抑え、コラーゲンの合成を助けます。酸味のある果物や野菜などに多く含まれています。

・ビタミンE:血行を促進し、肌のハリやターンオーバーを整えます。ナッツ類や大豆製品などに多く含まれています。

きらめきブリリアントの紫外線対策グッズをご紹介!

最後にきらめきブリリアントおすすめの紫外線対策グッズを紹介します!

① SENA RICH ストール|サッと巻くだけでおしゃれに紫外線対策

 


SENA RICHストールは、洗練されたシンプルなデザインが特徴の高品質素材ストールです。首に巻いたり、肩にかけたりするだけでシンプルながらもおしゃれ感を演出し、ファッションのアクセントにもなります。全24カラーなので、ぜひご自身にピッタリなお気に入りのカラーを見つけてみてください。

 

② サンシェードキャップ|UVカット&撥水加工

ガーデニング、農作業、草取り、洗濯物干しに!サンシェード部分の取り外しが可能で、キャップとしても使えます。表側の生地は撥水加工&UVカット素材、内側の生地はメッシュネットで群れない仕様。欲しかったポイントが盛り沢山のお役立ちキャップです。シンプルな無地カラーのデザインなのでユニセックスでお使いいただけます。
 

③ サンシェードアームカバー|手の甲まですっぽりガード

撥水加工&UVカット生地のアームカバーです。中指に紐を通せる形状で、手の甲まですっぽりと覆い隠します。指先が自由に動かせるので細かい作業にも支障なし!車の運転中につけていただくのもおすすめです。

最後に

いかがでしたか?今回は紫外線の特徴や、おすすめの対策グッズ、ケア方法を紹介しました。年々強くなり続ける紫外線や日差しに注意して、しっかりと対策をしながら過ごしていきましょう。
 

※1 出典:「ロイヤリティ マーケティング」調べ 男女1,000人に聞いた日差しや紫外線に関する調査
ブログに戻る